広告制作

伝書鳩・グラコム・みつめて・みんとなど各種紙媒体の広告制作を承ります。
ファーストインパクトは、「キャッチコピー」と「チラシの見た目」で決まります。
「ベネフィット」を伝える(そのサービスや商品を使うことで得られる、嬉しい体験のこと。)
お客さまは、自分にとって有益な情報があるかどうかを知るためだけに、チラシへ目を通します。つまり、お客さまにとって、どんなベネフィットがあるのかを真っ先に伝えなければ、お客さまはチラシを読み進めることなくゴミ箱に投げ入れます。
読み手を絞り込む
読み手の状態や、読み手が求めていることを具体的に絞り込みましょう。人は、自分の状態や欲求、悩みをドンピシャで言い当てられてしまうと、街中でいきなり自分の名前を叫ばれたような心理状態におちいります。つまり、お客さまはチラシを無視できなくなるのです。
キャッチコピーは紙面の3分の1以上にする
広告から3メートル離れた場所から見ても、だいたいどんなことが書かれているかを理解できる大きさでキャッチコピーを書きましょう。お客さまから注目してもらうためには、「見た目に目立つ」という要素は、とても大切です。
魯山制作広告画像
魯山制作広告画像

最近の制作物

ページ上部へ戻る