代表挨拶

満足度+結果こそが当社の役割

そもそもデザイナーとは何なのか?
僕の仕事はデザインの仕事なのか?
開業した時からたまにふと考える事がある。
僕は絶対に自分の事をデザイナーとは言わないし、制作した物に対し自慢も絶対しない。
「ゼロ」の物を「100」にするのがデザイナー。
なぜなら僕の仕事は「打ち合わせ7割パソコン作業3割」の仕事だからです。
打ち合わせが終わる頃には、お客様の頭にはすでに完成形がイメージされるので、後はいかに短時間で効率よくイメージを完成出来るか。
その為に会社であればそこの会社の「社員」として、小売りであれば「お客様の立場」になり、一緒に作り上げる事で商品だけの満足度だけでなく達成感が付加価値として付いてくる。あとは僕がイメージに近づけるか、イメージ以上の物を作ればいいのです。←これがむずしいのですが 笑
人との「つながり」こそが新しい仕事を生み、求められている人がいるからこそ社会的責任を果たし、地元と関わる事で地域貢献になると考えています。
さらにパソコンや家庭用プリンタの普及により名刺や会社案内も自社で印刷する会社も少なくないですが、いざ自社で作るとなると本来の自分の業務から離れ、面倒くさく時間も掛かります。
魯山はそんな「面倒くさい」を仕事にしております。

株式会社魯山 太田薫名刺

最近の制作物

ページ上部へ戻る